2011.01.22 Olanzapine MARTA Conference 講演①「双極性障害への使用経験」 講師




講演①「双極性障害への使用経験」 

 H22.10月に、新規型抗精神病薬において本邦初となる双極性障害の躁状態改善の適応を取得したオランザピンに関して、学術講演会講師を務めま した。リチウムやバルプロ酸Na等に比較して同等またはそれ以上の効果を期待できる薬剤として、使用しております。当院での使用経験に関して報告致しまし た。




| 講演会日誌インデックスに戻る |